2018年08月07日

標記の「暴力団から離脱した者の社会復帰対策の連携に関する協定」は、各都府県の社会復帰対策協議会が連携を密にして、暴力団から離脱した者に対する就労支援活動を行い、離脱者を善良な社会の一員として更生させるという社会復帰対策に資することを目的に、平成28年2月に締結されました。

神奈川県暴力団離脱者社会復帰対策協議会(事務局:当センター)も、この協定に参加し、暴力団離脱者の社会復帰対策を積極的に推進しています。

今回の協議会は、平成30年7月30日と31日の2日間にわたり、福岡県警察本部において、「協定締結都府県における運用状況や課題等を共有することにより、暴力団から離脱した者の社会復帰対策の更なる促進を図るため」に開催されました。

各都府県の社会復帰対策協議会から、課題や反省事例も発表され、今後の社会復帰対策を推進するうえで、非常に有意義なものでした。