令和元年5月22日(水)午後3時30分から、川崎市高津区内の「川崎市民プラザ」において、標記の総会が開催されました。

総会では、会長、警察本部暴力団排除対策室長及び神奈川県弁護士会民事介入暴力対策委員会委員長の挨拶の後、各工事箇所の状況等が報告されたのに続き、役員の選任等の議案が議決されました。引き続き幹事会も開催されました。

本協議会は、リニア中央新幹線の大規模建設工事に伴い、暴力団等の介入や不当要求を遮断するため、東海旅客鉄道株式会社、各参入企業、警察本部、関係警察署、神奈川県暴力追放推進センター、神奈川県弁護士会及び関係自治体が情報共有を図りながら暴力団等排除活動を推進しているもので、平成29年2月8日に設立されjました。

総会には、会員企業をはじめ、約50人が出席しました。

神奈川県警察暴力団対策課、神奈川県弁護士会、神奈川県暴力追放推進センターの三者による「暴力団被害に関する無料電話・来所相談会」を次のとおり開催します。

045-662-8346

① 開催日時:令和元年5月31日(金)午前10時~午後6時

② 開催場所:神奈川県弁護士会館(横浜市中区日本大通9番地)

③ 相談内容:暴力団事務所の撤去、不当要求の解消、被害回復、勧誘行為の遮断、暴力団から の離脱など暴力団や反社会的勢力絡みの事案全般です。

④ 相談員:警察官、弁護士、暴力追放相談委員がアドバイスをします。

⑤ その他:相談は無料です。秘密は厳守します。

平成31年3月19日(火)神奈川県警察本部大会議室に県内54の地域暴力団排除組織役員等が集い、平成30年度総会が開催されました。総会には、各地域の代表、県警幹部等約160人が出席しました。会長と警察本部長の挨拶にはじまり、平成30年度活動結果の報告の後、役員の改選、平成31年度の活動方針(広報啓発活動の強化、身近な機関、団体等との連携)が議決され、暴力団のいない住みよい地域社会を実現するとの決意を新たにしました。

平成31年2月14日(木)、横浜情報文化センターにおいて、約100名の方の出席を得、神奈川県暴力追放推進センターの賛助会員に対する標記のセミナーを開催しました。

当センターの山田専務理事兼事務局長、大河原警察本部暴力団排除対策室長の挨拶に続き、暴力団対策課担当官による「最近の暴力団情勢」と「適格団体訴訟」についての説明や、川崎市消防局長 原 悟志氏による「減災に向けた地域防災」についての貴重な講演が行われました。

                                    

 

標記の総会が、平成30年11月29日(木)、川崎市川崎区殿町の工事事務所内において、約50名が出席して開催されました。

本件工事は、羽田空港跡地と川崎市川崎区殿町地区の多摩川に橋梁を建設するとともに付近の道路を整備するもので、同協議会は各事業者が連携して、暴力団等反社会的勢力の排除を積極的に推進するために昨年発足しました。

当日の総会では、会長及び関係機関の挨拶、役員の紹介に続き、暴力団排除宣言を採択して閉会しました。

 

 

平成30年11月27日、東京の明治記念会館において、「全国暴力追放運動中央大会」が開催され、本県から長年にわたって暴力追放に尽力された次の方々が警察庁長官及び全国暴力追放運動推進センター会長から表彰されました。おめでとうございます。

暴力追放栄誉金章
伊勢佐木地区暴力団排除対策推進協議会
会長 平山 正晴 様

暴力追放栄誉銅章

大船暴力団排除推進協議会

会長 八木 茂 様

暴力追放栄誉銅章
浦賀暴力団排除推進協議会
 会長 増田 茂 様

 

 

標記の総会が、平成30年11月22日(木)16:30から厚木市内のホテルで開催され、会員ゴルフ場(51場)関係者のほか、顧問をつとめる神奈川県警察暴力団対策課長、神奈川県弁護士会民事介入暴力対策委員会委員長及び当センター専務理事が出席した。総会では、会長挨拶、来賓挨拶、新担当者紹介に続き、暴力追放決議が採択されるなどして閉会した。

標記の総会が、平成30年11月20日(火)16:00から横浜市西区内のホテルで開催され、会員事業所(99)、各警察署担当係員のほか、顧問を務めている神奈川県警察暴力団対策課、財務省関東財務局横浜財務事務所、神奈川県弁護士会民事介入暴力対策委員会及び当センターの関係者が出席した。総会では、会長挨拶、日本証券業協会特別参与などの来賓挨拶に続き、2件の議案について審議・報告された。続いて「最近の暴力団情勢等について」と題する講演が行われた後、協議会設立時の決議文が読上げられ、暴力団等反社会的勢力排除に向けた強い決意を確認して閉会した。

港北区暴力団追放推進協議会、神奈川県警察、港北区役所及び神奈川県暴力追放推進センターが連携して、平成30年10月12日(金)午後3時からJR新横浜駅西口交通広場において、みかじめ料要求行為等の撲滅及び市民の暴力団排除意識の高揚を図るためのキャンペーンを開催しました。

キャンペーンには約60名が参加し、港北区暴力団追放推進協議会会長、港北警察署長等の挨拶に続き、栗田港北区長による「暴力団排除宣言」がなされ、集まった市民等にパンフレットを配布するなどして、暴力団排除を呼びかけました。

キャンペーン終了後、来年の「ラグビーワールドカップ2019」や再来年の「東京オリンピック・パラリンピック」が日産スタジアムで開催されることから、新横浜2丁目周辺の飲食店などに対し、暴力団排除のローラー作戦を実施し、みかじめ料要求行為の撲滅を訴えました。

 

当センターが主催し、神奈川県と神奈川県警察が後援する「第27回神奈川県暴力追放県民大会」を、平成30年9月5日、神奈川県民ホールにおいて開催しました。

大会には、神奈川県議会の桐生議長、横浜地方検察庁の中原検事正、神奈川県弁護士会の芳野会長、神奈川県公安委員会の岩澤委員長をはじめ、多数のご来賓ご臨席のもと、当センター賛助会員、県内の地域や職域の暴排協議会、県企業防衛対策協議会の会員の方々など、約1,500人の皆様のご参加をいただき、盛大に開催する事ができました。

第1部では、当センター会長の黒岩神奈川県知事と副会長の古谷神奈川県警察本部長の主催者あいさつに続き、暴力団排除活動に尽力された横浜DeNAベイスターズ、横浜マリノス、湘南ベルマーレの3団体と2個人に表彰状を贈呈し、桐生県議会議長から来賓を代表してのご祝辞をいただき、受賞者を代表して、伊勢原暴力団排除協議会の長谷部会長による大会宣言で締めくくりました。

第2部では、県警音楽隊が演奏とステージドリルを披露し、大会に華を添えてくれました。続いて、県警暴力団対策課員、県弁護士会民事介入暴力対策委員会弁護士及び当センター職員が、本年7月1日に改正施行された暴力団排除条例のポイントをテーマにした寸劇を行い、暴力団排除に向けた更なる活動の強化を誓って閉会しました。


黒岩知事の挨拶
 古谷警察本部長の挨拶  表彰状の贈呈式
 県警音楽隊による演奏とステージドリル  演劇「改正暴力団排除条例について」